この時期

毎年スイスのバーゼルで開催されるバーゼルワールド、、 同じスイスで開催される車のジュネーブオートサロンと同様に今年の新製品の発表会です。車と違い、スイスのこのフェアは世界各国からのバイヤーが集まり、発注をする事もあり一般の見学者よりも専門業者の集まりと言えるかと思います。 今回発表になった新製品は早ければ今年の夏から秋にかけて日本にも入荷されて来きて、年末にはショールームに並ぶかと思います。 毎年魅力的が新製品がリリースされるので、自分に対する“ご褒美”とか屁理屈をつけて我が家の大蔵大臣への根回しを始める時期でもあります。 ま、目標を持って仕事に励めば良いのですが、、、、 今年のロレックスモデルで気になるのが、ヨットマスター、以前は逆算できるストップウオッチ機能が付いた複雑時計も同様な名前が付けられていました。ヨットの競技をする方には重宝する機能かもしれませんが、我々にはカップ麺の3分を計測するのがやっとでした。 メカを楽しむ方には良いと思いますが、今回はそういう機能ではなく新しいデザインと初めてであろうシリコーンのブレスレットが採用されている事が良いですね。エバーローズゴールドの色も良い感じです。 大きさも直径40ミリと38ミリ、、微妙な大きさの違いも良いですね。 最近大き目のサイズが流行っているので、個人的には40ミリを選びます。 もう一つ気になるのはシンプルなオイスターです。 時間表示だけで、カレンダー表示も省いたスタイルは今まで見慣れたデザインとは一味違う感じです。 よくLess is moreとか言われますが、省く事が良しとされる良い例ですね。 お値段も他のモデルよりは若干安く設定してほしいですね。直径も26、31、34、36と39ミリが作られるようです。 時計は一つあれば事足りる訳ですが、見ると欲しくなりますね。。

続きを読む

PGAオフィシャルワイン

恵比寿でよく行くフミーズグリルが改装になって久しぶりに行ってきましたが、このカリフォルニア、ナパバレーのBERINGERと言うワインがPGA Tourのオフィシャルワインだと教えてもらいました。 お店にはバナーとかお店でゴルフの画像を流せるようにDVDとかも送ってきているようです。 オフィシャルサプライヤーと言うカテゴリーはスポーツ業界ではマーケティングツールとして良く使われて来ています。 このワインとPGAがどのような契約なのかは明確ではありませんが、アクティベーションの為にワインのラベルにPGA Tourのロゴを入れたり、トーナメントの映像を使っていたり、良く考えていますね。 選手のジャスティン・レナードもこのワイナリーの契約選手のようで、彼の画像がホームページでも使われています。 PGA Tourの開催されるアメリカ本土では、このBERINGERのテイスティングがトーナメント開催地で実施されているそうです。開催地によっては競合他社がスポンサーだったり、その州のライセンスの関係でできない場所もあるようです。 飲酒運転の問題とかがあって、運転する方の為にアルコールフリーのビールを販売していますが、コンペの際にお酒は良く出されています。 アメリカのゴルフ場は社交場というカントリークラブそのものである場合が多いので、プレーだけでなく食事に出かける事もある程ですから、こういうワインとゴルフという組み合わせもアリですね。

続きを読む

3D ペン

最近このペンを見つけました。 簡単に言うと簡易版の3Dプリンターのような感じで、熱で溶かした樹脂をペン先から出して、平面ではなく3Dでイラストをするような感覚でオブジェをつくる事が出来るモノです。 アメリカで70ドルぐらいで販売開始されているようで、売れ行きもまずまずのよう。。  個人的には何かの修理とかパーツを作ったりするのに利用できそうですが、粘土とも違う今までになかったモデリングツールですね。 3Dプリンターの市場規模も今年の販売台数は今まで出荷された総数と同じぐらいになるとも言われており、デジタル周辺機器の新モデルの発売がこれから続くようですので、モノ好きにとってお金を使う事が多くなりそう。

続きを読む

森永ミルクチャコレート

先日、 LPGA相談役の樋口久子さんの文化功労者顕彰記念の会のお土産でこのチャコレートをいただきました。 森永のミルクチョコレートのパッケージをそのまま変えているのはご愛嬌。 樋口さんの功績はトーナメント国内69勝、海外3勝、通算72勝! 77年の海外メジャーの全米女子プロゴルフ選手権に優勝するなど、、、言うまでもないですが、素晴らしいですね。 日本のLPGAの今日があるのも樋口さんが中心になって盛り上げてくれたおかげです。 おめでとうございます!!

続きを読む

スマートの正しい駐車方法

日本でこういう駐車をするとおそらく反則切符を切られると思いますが、ヨーロッパの街角では普通に止まってます。 イタリアとかだと半分歩道に上がっていたり、、、

続きを読む