2020.09.23

ふれあい→ふれない

週末近所を歩いてたらこんな看板がありました。

カラオケ屋さんのようですが、この写真にあるように”あ”だった場所が”な”に変更されて、コロナ対策をアピールしていました。

確かに3蜜を避ける意味でも大切なんですが、カラオケ屋での感染を逆手にとったアピールですが、ちゃんと感染対策をしてくれてるのかなぁ、、

スクリーンショット 2020-09-23 17.29.29

このページのトップへ

2020.09.16

COVIDIOTS

先日の機内でのマスク着用に関して多くの方からコメントを頂きました。その中でも、海外のメディアなどでよく使われるCOVIDIOTSと言う造語を引用された方の意見が分かりやすかったです。

COVIDIOTSはコロナのCOVIDと愚か者やバカ者などを意味するIdiotsをかけた言葉ですが、ソーシャルディスタンスなどの感染拡大を防ぐ事を無視したり、トイレットペーパーや食料などパニック購入する人々に対して使ったり、感染リスクがあるのにバカな事をするな!などとの言い方で使われています。

”機内でマスクを着用しないのはCOVIDIOTSだ!と、、、

8月末にギリシャのZanteからイギリスに向かう航空機に193名の乗客が搭乗していたようですが、その中の16人が帰国後にコロナ感染と診断されて、乗客全員が2週間の隔離を強いられたんだそうです。 ほとんどの乗客はバカンス帰りの観光客で、ギリシャでハメを外して遊んでいた若者たちも多く搭乗していました。 その連中はマスクをちゃんと着用してないだけでなく、機内でも大騒ぎをしていたとインタビューに答えていた乗客のコメントもトップニュースになってました。

今週末から連休で、旅行される方も多いかと思いますが、くれぐれもCOVIDIOTにならないようにご注意ください。

スクリーンショット 2020-09-16 10.32.22

このページのトップへ

2020.09.12

機内でのマスク着用

ここ数日、テレビやソーシャルメデイアで話題になってるのが、機内でのマスク着用を拒否して途中の空港に緊急着陸し、降ろされた人の事。

しかし、この報道ですが、日本メディアが得意な悪い者探しとバッシングが顕著に出てました。

肝心の航空会社は取材に対して、曖昧な回答でこれから現場で対応しないといけない乗員の方もさぞ苦労されるかと、、

個人的には、安全運航に影響が少しでもある事は厳しく罰する!と明言する必要があるかと思います。

偶然かもしれませんが、先日の NY POSTの記事で、アメリカでは機内でのマスク着用は必須で、守らないと航空会社が厳しい対応をするんだそうで、今まで700人の乗客がマスク着用拒否したためにブラックリスト=登場拒否者にリストアップされたんだそうです。

今回、日本同様に大騒ぎになってるのはマスク拒否で某航空会社で搭乗拒否リストに載ってしまった元アメリカ特殊部隊の兵士の事。オサマビンラディン逮捕の作戦にも実際に参加したほどのエリートなんですが、例外無くアウト。

この写真を投稿したのが理由のようですが、マスクをするような弱虫では無いとのコメント付きが航空会社の目に止まってしまったのかなぁ??

後に写っているアメリカ海兵隊の帽子を被った年配の方はちゃんとマスクをしてるんですが、、

E2893AC8-3A2A-44E5-96B5-6B9BB18706F2

このページのトップへ

2020.09.02

飛行機での移動

このCOVIDの影響を一番受けているのは航空業界と言っても良いかと思います。

各国のロックダウンなどを受け、多くの運行の停止がされ今年の4月はヨーロッパの空から貨物機以外が飛ばなくなった日もありました。

ロックダウン解除と同時に少しずつ回復しているものの、大手の航空会社はビジネスプランを何度も見直し、経営事態がおかしくなってしまった会社も出るほどです。

今年4月から数回国際線を使う事がありましたが、ひどい時には乗客が12名の時もありました。 目的地に到着しても、駐機された多くの機材が目立つ電気の消えたターミナルの状況は初経験でした。

そんな中で、コロナと生きるスタイルが作られてきています。二ヶ月前には免税店だけでなく、ターミナルで食事もできない状況ですが、先日は限定営業ですが、お店に灯りが戻ってました。

今後業界が回復して行くにはまだまだ時間がかかりそうです。

DSC03559 2

このページのトップへ

2020.09.01

channel 4

英国で1982年に放送を開始したテレビ局ですが、BBCのチャンネル1、チャンネル2、ITVに続く4つ目のチャンネルとして発足しました。

コマーシャルが流れるので、日本の民放と同じかと誤解されますが、基本的には広告収入のある公共放送って微妙なシステムです。最近は制度も変更になってコマーシャル局と言っても問題ないですが、、

このチャンネル4ですが、若者をターゲットとした番組を作ったりしていて、ユニークな編成をしています。 2012年のロンドンパラリンピックの放送を放送したのも有名な話です。

先日ロンドンの本部を訪問しましたが、玄関のオブジェ?は番組内でもよく使われているデザイン。

DSC03558

このページのトップへ