2021.08.05

ワクチンパスポート

ニュース報道されていますが、イギリス政府も有効なワクチンパスポートを所持するワクチン接種者に対してはイギリスへの出入国に際しての隔離期間を一部の国を除き排除する方針が発表されました。

成人のワクチン接種者が80%を超える中で科学的なデータを元に実施された今回の規制緩和ですが、並行して公共施設内や公共交通利用時のマスク着用の義務化など、ロードマップが分かりやすいです。

日本では変異株の猛威で、オリンピック中継を見ていても必ず感染者数や先日のギリシャ選手の感染など、残念なニュースが流れています。

飲食に関しては、ほぼコロナ前の状況に戻りつつありますが、やはりワクチンパスポートの提示を求めている飲食店が多く見かけられます。所持していない客に対してはこのように屋外での飲食で対応していますが、天気が良いと皆外で飲食しているようですね。

マスク嫌いの欧米人も買い物に出かける際には必ずマスクを着用するマナーを守っていますし、日本の感染者数が増えたとはいえ、その数倍の数の感染者が出てますので、自己責任で守っているんでしょうね。

IMG_4110

このページのトップへ

2021.08.04

オリンピック中継

毎日のオリンピックの熱戦が世界中に中継されていますが、日本同様にハイビジョン放送がほとんどの国で視聴が可能になっています。今回試聴しているBBCのオリンピック中継はバーチャルスタジオをロンドンに開設して、パッと見た感じ日本にキャスターが行っているような演出だけでなく、素晴らしいハイビジョンの映像が届いています。

前回のリオ大会から5年になりますので、その間の制作現場での機材の変化や放送の基準となる画像などの統一化が進んでいるんだそうですが、ハイビジョン化される前、当たり前のカラー中継に際は欧州の映像基準とアメリカ日本などの基準が違い、それを変換して放送されていたぐらいですから、オリンピックのような国際的なエベントの中継は大変なコーディネーションが必要とされていました。

今回、開催の可否に関して話題になっていたアメリカNBCの中継。スタッフは、当然オリンピック中継チームがフルタイムで次の北京冬季大会や、パリ大会の準備に当然ながら作業を開始しているんだそうです。

アメリカで注目されているスポーツ大会では、常に新しい中継技術が導入されていて、IPベースでの中継もいち早く導入されていますが、アメリカ国内のカレッジフットボールの大会の中継技術も大きく影響しているそうです。

毎週土曜に開催される大会ですが、中継トラックは現地に行きカメラのコントロールをする訳ですが、映像の管理はネットワーク独自の施設があり、そこに集めて編集されたりしています。そんな事もあり、今回の五輪もコロナ禍で多くのスタッフが日本に入れなくなった状況でもちゃんと対応できているんだそうです。

先日の陸上100m決勝は、現地ではプロジェクションマッピングなどで演出されていましたが、それを多くのカメラが追っていました。 当然ながら映像を見ている視聴者には知る余地もありませんが、中継技術は進んでいるんですね。

スクリーンショット 2021-08-04 7.23.48

このページのトップへ

2021.08.03

オリンピック ゴルフ

東京オリンピックも折り返し地点に来ましたが、週末は陸上競技のファイナルが開催されたり、ゴルフのファイナルラウンドがあり、アメリカの放送を意識したタイミングでの運営には???な点もありましたが、一日テレビの前に釘付けになってしまった方も多いかと思います。

ゴルフではイギリス選手の健闘もあり、イギリス国内でも生放送されていました。

3位決定のプレイオフでは日本の松山選手に続き、今回はアイルランド代表で出場しているマキロイ選手も外れてしまいました。 彼のコメントで”3位になるのにこんなに必死でプレーした事は初めて”はオリンピック独特な雰囲気を表していました。

毎年、テニスのウインブルドン選手権が終わるとイギリスのテニスコートが賑わうのですが、週末に行ったゴルフ場もコロナ規制が解禁された事もあるでしょうが、結構いっぱいでした。

ゴルフは個人競技ですので、あまり国を代表してのトーナメントが少ない中で、オリンピック競技の1つであるゴルフも皆楽しんで見れたのでしょう。オリンピックのレガシーと良く言われますが、これを機会にゴルフを楽しむ方が増えると良いですね。 

アイルランド代表のマキロイ選手の健闘と称えて、ゴルフ場でギネスをいただきました!

IMG_4106

このページのトップへ

2021.08.02

Hate won’t win

イギリスのBBCで、毎日オリンピックの模様が早朝(深夜?)から遅くまで編成されていて、日本にいるような雰囲気で観戦しております。

そんな中で、エンドクレジットにHate won’t winのロゴが露出されています。

これは昨年からBBCスポーツと衛星放送のSKYスポーツが共同で、Hate=差別を非難するキャンペーンだそうです。

ヨーロッパ、イギリスのスポーツ界では黒人選手に対する差別など、先日のEuro2020でもペナルティーシュートを失敗した黒人選手に対する誹謗中傷がSNS中心に拡散していたり、元々フーリガンなどの暴徒もいる中で、有名スポーツ解説者や選手を中心に始まったこの運動、オリンピックでもメッセージを送り続けています。

好きなチーム、嫌いなチームは勝ち負けの世界には必ずあるとした上で、ルールブックがあるようにファンも相手をリスペクトする必要がある、、とのメッセージです。

日本でもSNSなどでの誹謗中傷が問題になっていますが、スポーツ業界もこのような問題に対して共同で対応が必要ですね、、

スクリーンショット 2021-08-02 7.53.30

このページのトップへ

2021.07.31

温暖化

先日、イギリスの平均気温が30年間で0.9度上昇したと発表されました。

危険水域とされる+1.5度に一歩近づいたとの警告ですが、平均気温だけでなく、雨量も大幅に増えており、このままでは先日のヨーロッパで起きた大雨による水害に備える必要があるとの事でした。

英国では高潮の対策は進んでおり、テムズ川河口には大規模な防潮施設もありますが、日本のように河川での堤防の建築はこれからです。

それよりも二酸化炭素の排出を減らし、刻々と後もどりのできない+1.5度に向かう秒読みを止めるか、少なくとも遅らせる手段が必要とされており、太陽光発電や風力発電だけでなく、潮の満ち引きを使う施設など再生可能エネルギーでの発電施設も増やされているそうです。

こんな夕日を見ていると地球の危機的な環境は想像もできませんが、今一度環境に優しい世界を考えないといけませんね。

DSC_0367

このページのトップへ