2019.05.22

Conduct, Customs and Etiquette

今回の全米プロは、カプカの連続優勝と言う結果を残して終了しました。

先週の投稿でも触れましたが、ニューヨーカー達の応援?の凄い事は予想してはいたのですが、ある意味熱狂的なファンから、単なる酔っ払いの集まりになってしまったような感じがして大変残念でした。

最終日の後半、ダスティン ジョンソンが追いかける中で、当然DJを応援している過半数は皆さんも放送で聞こえたと思いますが、 ”DJ” ”DJ”との声援があるだけでなく、カプカのショットの最中に”Choke”- ミスれ!!みたいな奇声をあげる輩がいたのが残念でした。

これがタイガーが絡んでいたら、もっと大変なことになってたかと思うとゾッとします。

同じニューヨークで開催されている全米オープンテニスでも似たような声援があるので、これがニューヨーカーだ!と言ってしまえば終わりですが、やはりスポーツ観戦のルールは守るべきでしょう。

マスターズで配られる観戦ガイドには1967年の大会で用意されたボビージョーンズの言葉として第一ページに”Conduct, Customs and Etiquette”が今も明記されております。

「ゴルフとはエチケットのスポーツであり、それはゴルフのいかなるルールよりも重要である」とあり、「素晴らしくまた困難なプレーへの賞賛は惜しまずも、そのライバルに対する配慮は忘れてはいけない」「決してゴルフを愛する者はミスショットや、難しいショットに直面する選手に対して喜ぶものではない」と、武士道のような精神論が書かれております。

最後には「パトロンたちの配慮でマスターズを見ている人は世界で一番ゴルフを知り、理解のあるファンであると認められると思う」 と締めくくられています。

マスターズの素晴らしさは、パトロンも大きな要素なんですね。

IMG_2829

このページのトップへ

2019.05.20

BIG 10 カンフェエンス

NCAA, 全米大学体育協会の発表によると、数多くあるカンフェレンスの中でも一番収入の多かったのがこのビッグ10だったそうです。

その金額、14校合わせてなんと7億5900万ドル!! アマチュアの学生の試合でこれだけの収入があるのはちょっと考えられませんね。 日本円にすると110円換算ですと850億円弱。 トップ10チームに分配された金額は5000万ドル、同55億円也。

収入源はテレビの放映権などですが、この人気を支えているアマチュアの学生アスリート達は奨学金こそもらえてタダ?で大学教育は受けられるのですが、当然活躍してプロチームに高い契約金を保証される良い話しか聞こえませんが、実際にスターになるのは一部の選手のみ。 いくら大学で話題になっても、卒業と同時にホームレスになる選手達もいるそうです。

日本の大学アスリート達は就職して実業団でスポーツ活動を続けたりする選手も多いですが、プロスポーツの本場のアメリカでさえ選手と大学、そのコーチ達の待遇の違いがきになりますね。

最近やっとNCAAも選手の肖像権に対してのギャランティーを認めるかどうか審議を始めたそうです。 いずれにせよ、選手達には奨学金だけで無く、将来に向けての資金の準備とかを考える必要があるでしょう。

日本版NCAAを作るべく、作業が進んでいるようですが、実際に運営できるお金はどうするんでしょうね。

440px-Big_Ten_Conference_logo

このページのトップへ

2019.05.15

Bethpage Black

また悪い癖で、少しサボってましたがマスターズ以来1ヶ月ぶりに更新します。

さて、今週はPGAチャンピオンシップがニューヨークで開催されます。 ベスページは2002年の全米オープンが開催された場所ですが、全米に2500はあるパブリックのコースの一つです。

アメリカのゴルファーたちは公共の、、とか公営( Municipal)コース事を Muniと呼んでいます。確かにどこの地域に行っても必ずMuniはあるんですが、ベスページ同様にメジャー大会を開催したり、できるような立派なコースがあります。

2002年の全米オープンは現地で観戦しましたが、マンハッタンから手軽に行けることもあり、多くのギャラリーが来場してました。 でも朝からビールを沢山飲んで楽しむファンが多くて、単に酔っ払いの集まり、、、みたいな事もありました。

前回はタイガーが唯一アンダーパーで回ってましたが、今年のマスターズの優勝を経て、多くのニューヨーカーが観戦にいくんでしょうね。

Bethpage Black 18th Spring 2008

Bethpage Black 18th Spring 2008

 

このページのトップへ

2019.04.19

マスターズ

今年のマスターズはタイガーの復活優勝で話題になりましたが、ご存知の通り現地では悪天候が予想されていて、最終ラウンドは3人組のスタートや時間の変更となり、日本で生放送をご覧いただいた皆さんは深夜のマスターズで寝られなかった方もいらっしゃるかと思います。

最近のゴルフの大会は悪天候での影響が増えているような感じもしますが、これも温暖化の影響なのでしょうか?

今年のマスターズは招待選手でスタートしたのは87名と非常に少なかったのですが、予選通過も10ストローク以内に入れなかった選手が22名と少ない状態での最終ラウンドになったのも異例でした。確かに2日目が終わった時点でトップ7アンダーが5人、6アンダーが3人でしたので、最後まで緊迫したトーナメントでしたね。

そんな事もあって、海外、特にヨーロッパ地域では通常現地時間の深夜だった最終ラウンドも午後のいい時間に見る事ができて、おまけにタイガーの優勝と言うことで記録的な数の視聴者だったそうです。

fed21e61f6860828fdbcdb88766acf22

このページのトップへ

2019.04.09

マスターズ開幕

いよいよマスターズ開幕です。

今年は寒い日が続いたため、マグノリアの開花も少し遅れていて、今週は最高の状態のようです。

今日は、練習ラウンド初日でしたが、天気予報通りに3:30ごろに雷の警報が出て、コースがクローズドとなりましたが、明日からはほぼ良い状態が続くようです。

明日また現地情報をアップします。

DSC03009

このページのトップへ