2020.04.01

Stay at Home

やっと日本政府の会合でも、マスク姿が普通になって来たようですが、ロックダウンは極力避けたいようですね。

当地イギリスでは、先週からロックダウンとなり、外出は基本的には食料品の買い出しなど最低生活に必要な事と運動のための外出以外は認められていません。違反者に対して今までは罰則は無かったのですが、イギリス警察も地区によっては取り締まりを始めたようです。

日本の場合は、医療崩壊やロックダウンやクラスターなどを取り上げて脅したり、週末の外出自粛を”お願い”する中で、今のところなんとか感染爆発は避けられているように思います。

ロックダウン中は皆さんテレビの視聴時間が長くなっているそうですが、イギリスの各局はやはり公共放送のあり方のお手本だと思いますし参考になります。 ニュース番組での司会者の距離感や、インタビューの様子もマイクを自撮り棒のような延長ロッドを使ったり、殆ど自宅からのネットでのインタビューが普通となっていて、いやでも距離を保つ重要性のメッセージが伝わって来ます。

東京では経済的な観点からロックダウンは難しいとの見解ですが、日本のメディアもメッセージ発信は強化してもらいたい所です。

この画像は、イギリスのチャンネル4の画像ですが、終始このようなスーパーを流しています。 Stay at Home – 自宅にいてください!ってメッセージですね。

IMG_3307

このページのトップへ

2020.03.27

日本政府の感覚

今週末、東京でも自主規制とはいえ外出禁止の措置が出ましたね。 ちょっと遅いぐらいかと思いますが、それにしても日本政府の言ってる事とやっている事に違和感を感じます。

ロックダウン状況にあるイギリス国内では、昨日の日記に記入しましたが、ソーシャルディスタンスと称して 2mの距離を離すよう、テレビでも実施しており、政府記者発表もメディアはネットで参加するなど、国民に対しても強くアピールしています。 それを見ていると自ら危機感を感じ、実行するようです。

それに比べ、先日の”対策本部会議”を見て唖然としました。まず政府閣僚が全て集まり、テーブルを囲み、官僚が後ろを固める中で、プレスもカメラを回す、、、この写真をみる限り、マスクすらしていないようです。 換気のための特別な装置でも入っているのか? それとも閣僚はすでに対ウイルスワクチンでも入手しているのでしょうか?

おまけに、その後は囲み取材ですから、政府が花見に行って集まっている連中や、渋谷に出かけている若者達を非難しても、自ら密集している所を作ってそれも丁寧にメディアで露出させているんですから、矛盾だらけ。

例外を作ってしまうと、このような時には必ず自ら都合のいいように判断するのは人間の常。

みなさん、2mの距離はできるだけ守ってください。

20200327taisakuhonnbu

このページのトップへ

2020.03.25

BBC News

イギリス国営放送BBCですが、朝の時間帯で日本のモーニングショウのような番組があります。 基本的にはキャスターがソファーに並んで座り、ビデオ中継の記者やエベントを紹介しながら進行される番組です。

今週からの放送で気がついたのですが、このキャスターの距離がかなり離れていて、カメラも正面からですとフレームに2名入らないので、横からの画像が目立ちました。

また、インタビューもカメラクルーを送らずに在宅勤務をしている政府高官にはフェイスタイムなどのインターネットを利用しての作業です。この画像の2名もネット経由での出演でした。自宅の中の様子が見れるのも面白いですが、、、

政府が推奨している、感染予防の距離の2mを守っているようです。今までは肩が触れないまでも、かなり近い距離での対話でしたが、政府の指示に従った形での放送ですね。

この距離の設定ですが、空気感染の場合は唾液に混じったウイルスは2mの距離があれば地面に落ちてしまうのが理由だそうです。不要不急の外出も制限されている中で、スーパーなどに行くとまず外でこの2mを保った状態で列を作り並びます。入場制限のある中で、買い物をして、レジも全て使われず一つおきぐらいの距離を守っています。

先週はこう言う配慮もなく、パニック買いをして棚から商品が無くなる事もありましたが、このシステムが功をそうした?のか、殆どのモノは購入できるようになりました。

パンデミックとなったコロナウイルス対策、国によってこんなに違うのか!と実感しております。

IMG_3301

このページのトップへ

2020.03.24

オリンピック延期?

今日のニュースで、オリンピックの延期が問われている事が大きく扱われています。

日本国内での感染者の数や、テレワークなどの対応はされている企業も多いのでそれなりの危険度は皆さん実感されているかと思いますが、日本国内では普通に日常生活も出来る訳ですし、外食しても政府の言うように集まりを避ける方はまだ少ないですから、オリンピックの件も何故??と思われる方も多いかもしれません。

先週からイギリスに来ておりますが、日本帰国しても14日間の外出禁止期間があるので、当地での滞在が長くなりそうです。 もちろん、コロナに感染しない事と感染源にならないように生活をしていますが、レストランやパブも閉まっており、主なビジネスもしばらく休んでいたりしているのを見ると、オリンピックに集まる多くの選手やファンの方の意識は7月とは言え、まだまだ開催はできないと実感します。

当地のスーパーでは、このようにショーケースが空になっています。これに比べるとトイレットペーパーが無くなったぐらいで大騒ぎしている日本とは大きな違いを感じませんか?

IMG_2476

このページのトップへ

2020.03.19

サクラサク

世の中、どんな状況でも植物には関係の無い話です。 もちろん、気候の温暖化で開花時期が変わったり、成長のペースに変化がありますが、毎年同じような時期に開花します。

今朝出社する時に、昨日まで何もなかった桜がこんなに咲いていました。

来年の桜の時期は一体どうなってるんでしょうか? そんな風に皆さん思われてるのでは?

IMG_3284

このページのトップへ