2019.06.04

トランプ大統領訪英

アメリカのトランプ大統領ですが、先日の日本訪問に続き、今週はイギリスに公式訪問しています。

イギリス王室訪問や宮中晩餐会など、3日間の訪問ですが、ほぼ日本訪問と同じ日程ですが、イギリスではゴルフ、相撲、居酒屋はスケジュールに含まれておらず、毎日ビジネス?関連の予定が入ってます。

同じ英語圏と言う事もありますが、新聞を始め各メディアでは、出発前のトランプ氏のコメントなどがそのまま伝えられ、その意見に反対するデモもロンドン市内で企画されているようです。

日米の同盟関係や、北朝鮮の核や拉致被害者の話題を中心に特別な関係を安倍首相もアピールしていたようですが、イギリスではトランプ氏だけで無く、イギリス首相も窮地に追い込まれている中で、メディアも遠慮なく辛口のコメントを発信しています。

なぜこの時期にイギリスに来るの?(日本でも同じですが)大西洋を挟んだ関係はお互いに大きな影響があるのでしょうが、確かにイギリスの市民もアメリカ大統領に関しては興味があり、現在のトランプ体制に対しての批判は少なく無いですね。

イギリスの議員の中には、晩餐会には参加せずプロテスとをする方もいるようで、彼らは日本のようにアメリカに対して”お世辞外交”はしないと明言している方も、、、

イギリスメディアでは、今回の訪英の警備コストだけでも1800万ポンドだとか、国民の税金から捻出されているんです。

確かに先日の訪日には25000人の警察官を導入したとの発表でしたが、費用の点は不明ですよね。 1000円の弁当としても毎回2500万円の負担ですから。 一体どれぐらいの出費だったんでしょうね。

我々も、トランプ氏の訪問を手をあげて喜んでいた場合では無いですね、、、

イギリスの新聞では、トップで大統領専用車の特集をしてました。これぐらいしか興味が無いって事ですかね、、

dk-comp-graphic-trump-car

このページのトップへ

2019.06.03

エアバス A380

ロンドンのヒースロー空港に着陸する際に、テムズ川河口からのアプローチでの着陸許可待ちの地上管制からのホールディングパターンに入っている時に天気が良いとロンドンの全体や隣のエセックス州まで見る事が出来て良いシャッターチャンスもあります。

今回はシンガポール航空のエアバスが我々のすぐ前で着陸の順番待ちをしていて、こんな感じで降下している様子が見えます。 結構近くにあるので最初はびっくりしますが、ちゃんと安全な距離を保っているので大丈夫です。

このA380は日本では全日空がホノルル便に採用しましたが、生産の中止が発表されました。 個人的にはエミレーツ航空でドバイ経由で日本往復をしたのが最後でしたが、確かに今までに無い大きさでした。

DSC03055

このページのトップへ

2019.06.02

初夏の富士

今週は海外出張ですが、羽田を離陸して雲の上に出たら綺麗な富士山が見えました。

前回のデジタルカメラの話ではありませんが、今愛用しているのはソニーのRX1Rと言うコンパクトデジタルカメラです。フルサイズのセンサーを搭載していて、確か画素数は4700万画素ぐらいだったと思いますが、ズームレンズでは無く35mmの単焦点ですから、このように編集時に手を加えてズームイン。

FUJIFILMの最新カメラだと、単純計算で画素数が2倍強ですから同じ条件なら倍の大きさでも十分対応できる訳です。

スマホの良いのは撮影しようと思えばすぐに手元にあるので手軽なんですが、やはりカメラには負けますね、、

DSC03048

 

このページのトップへ

2019.05.30

FUJIFILM GFX100

イギリスのカメラマンから日本での価格を聞かれたのがこのカメラです。 よくミラーレスと呼ばれているカテゴリーですが、スペックが半端ではありません。 普通の一眼レフぐらいの大きさですが、100メガピクセルの画素数や、手ブレ防止機能がボディーに入っていて、今までキャノンやニコンが独占していたプロ向けの機材の一つですね。

確かに、パナソニックや、ソニーなどの家電メーカーもデジタルカメラではプロも使用するようなハイエンドモデルが発売されていますね。

音楽や映像制作の現場では、スタジオや高価な編集のための設備がパソコンでもできるようになり、テレビ番組やニュースの制作現場では画像のサーバーに自宅や事務所のデスクからアクセスして作業を終わらせる事も多くなりました。

確かに、ここ数年のゴルフの取材風景もこのようなデジタルカメラでのビデオ撮影も見かけるようになりました。

スマホにオマケでついているカメラの性能も格段に良くなってきていて、ひと昔前のフィルムカメラ以上の写真が撮影できます。 最新アイフォンでも画素数は12メガピクセルですから、このカメラがどんな性能かわかりますよね。

このような機材の進歩はこれからも加速するんでしょうが、人間皆1日24時間しか無い中で、莫大な情報量とどのように向き合うのか、、楽しみですが、不安も多いですね。

ts-new-from-fujifilm-gfx-100

このページのトップへ

2019.05.29

BMW

最近アメリカの番組で、カスタムカーやバイクを製作するリアリティー番組をよく見ますが、取り上げられるのは肝心のバイクや車ではなく、その作業場のドタバタやメカニックの裏話とか面白おかしく取り上げられています。

とは言え、最新のトレンドも紹介されていて、特に新車をクラシック調にカスタマイズしているのが流行っているそうです。

先日、千葉のグッドウッドの社長と食事をする機会があり、そこで見せてくれたのが近々発売されるであろうBMWの新型バイク。まさにカスタムショップが作っているようなスタイルですね。

この写真をご覧になると、一見クラシックバイクですが、最新のエンジンも搭載されているそうです。 デザインもこのままで発売されるなら一台欲しいくらい、、

06ab036a7647b610c3e4cdbe159060e4

このページのトップへ