隔離期間短縮手続き

日本でのコロナ感染者数が激減した事や、ワクチン接種者に対する行動規制緩和から、日本政府が今月8日から帰国後14日間の隔離期間を3日間に短縮すると発表がありました。 今回の出張では日曜出発で、日本時間15日に到着予定でしたので、タイムリーに3日間の隔離でシャバに戻れるかと喜んでいたら、管轄省庁(窓口の表現が日本的)に申請する必要があるとの事。 早速調べてもらうと。 隔離期間14日⇒3日間の短縮の条件として 下記6つの書類を管轄省庁に e-mail にて申請します。 【申請について】 ①申請書   ②誓約書   ③活動計画書  ④入国者リスト  ⑤入国者のパスポートの写し ⑥入国者のワクチン接種証明書の写し これを、管轄省庁に e-mail にて申請します。 【申請先のリンク】 https://www.mhlw.go.jp/content/000852173.pdf ※e-mailの記載はないので、事前に管轄省庁に電話し聞き出す必要がある(11/9現在) ※添付ファイルはいずれも厚労省のサイトよりDL可能 審査が通ったら、厚生労働省の WEBフォームに入国者情報を登録します。 https://entry.hco.mhlw.go.jp/ 基本的には外国からのビジネス目的の入国者やマンパワーとして来てもらう技能実習生向けのシステムなので、我々のような出張者に対してはハードルの高い設定で、結論から申しますと今回はこのシステムが使えず、通常の14日間の隔離期間を自宅で過ごす事になりました。 私見ですが、政府もアメリカの入国手続き変更でヨーロッパからのワクチン接種者の入国を許可した8日に合わせて、何らかの発表をしたポーズのような感じで、受け入れ体制やシステムが出来て無い中での見切り発車の感じがします。 今回の選挙で投票した有権者の方はほとんど海外渡航などされて無い中での公約を実施した様な感じの今回の施作ですが、コロナ禍での飲食店への営業自粛など、科学的根拠の無い、また今回のようにプロセスを複雑化して、システムの関連業者に仕事を作っているような気がします。 いずれにせよ、3泊4日の政府隔離ホテルでの滞在が無くなった事はラッキーと思うしか無いですね。 3食提供される冷えた弁当も昔の話で終われば良いですが、、、

続きを読む

Powered by Hybrid

ハイブリッドエンジンは日本車の代名詞になっているぐらい普及しており、自動車の環境に与えるインパクトが問われている中で電気自動車と並び環境に優しい車として注目されています。 F1などのモータースポーツでも電気自動車だけのフォーミュラEなどに代表されるように、環境問題をアピールして来ていますが、そんな中でF1のエンジン(PU-Power Unitと呼ばれる)では、2014年から実はハイブリッドエンジンが導入されていて、その性能を一番有利に使っていたのがメルセデスベンツのチームです。 そのトップチームに今季はホンダのPUが常にトップ争いをしていて、現時点でレッドブル・ホンダチームのフェルスタッフェン選手が2位のベンツチームのハミルトン選手を若干引き離していて、最後までトップ争いが続く様です。 そんな中、F1もこのハイブリットPUのイメージを定着させる為に、新しいロゴを次回のブラジルグランプリから使用すると発表がありました。 ハイブリッドエンジンで環境面に対しての配慮をアピールする為の様です。 開催されているCOP26でも環境問題の1つのテーマとしての自動車エンジンですが、このタイミングでのハイブリッドPUのアピールはタイムリーですね。

続きを読む

アジアアマチュアゴルフ

熱い週末の戦いから3日経ちましたが、海外のメディアでは優勝した中島選手だけでは無く、参加選手のレベルの高さを評価していました。 今回は12回大会となりましたが、明らかにアジア地区のゴルフのレベルはかなり高くなって来ており、当時の松山選手とトップを争っていた選手もプロになっても活躍しているように、現在のアマチュアのレベルも国際的に見てもトップかと思います。 そんな中で、中島選手の礼儀正しい仕草や、試合後のコースに向かっての一礼する姿など、日本人に対するイメージが世界にアピールできた気がします。 試合中継の中でも、今年のマスターズでの優勝した松山選手のキャディーが試合後にコースに向かって一礼した姿と中島選手の同様な姿を重ねて放映されていました。  個人的にもいろんな意味で感動した大会でしたが、その中で一番気に入っている写真がこれです。 日本チームの全員が18番ホールで中島選手を囲んでいる場面です。 みんな良い顔をしてますよね。

続きを読む

ドバイを後にして

中島選手の優勝の興奮が冷めない中、次の目的地のイギリスへ移動。 ドバイからロンドンにはエミレーツやドーハ経由で向かうカタール航空などの定期便もありますが、今回は直行便の英国航空を使いました。 機材は最新のエアバス350−1000でしたが、やはり新しい機材は気持ちがいいですね。 以前エアバスの方から伺ったのですが、機内の与圧高度も低く、エンジンなどの騒音のレベルも低いので長時間のフライトも同社の古いタイプの機材より快適なんだそうです。 以前日本にヴァージンアトランティックが就航していた頃は、エアバスA340が使用されていて、当時は英国航空はボーイングのジャンボ747型機でしたのでよく比較をしました。当時も機内の快適さを考えるとエアバスの方が上だったと思います。 モデルチェンジをしているとは言え、最新型の機材は色々改善されているんですね。 今回のフライトでは、エンターテイメントシステムも最新のモノが使われており、フライトマップも色んな設定が楽しめ、このようなコクピットビューもパイロット気分になれます。 こうなるとテレビゲームの世界ですね。

続きを読む

中島啓太 優勝!!

中島選手、やりました。 最後の最後まで、ヒヤヒヤする展開でしたが、プレーオフを制したのは中島啓太選手でした。 世界のトップアマチュアの称号を得て迎えた大会ですし、勝って当然のような雰囲気の中で迎えた最終日は前半で大きくリードを作り、独走かと思いましたが、ゴルフの神様は彼に試練を、、9番でのダブルボギーとなり、後半戦は貯金を全て出した状態でラウンドを続け、先行する香港のTaichi Koh選手に追いつかれ、プレーオフに。。。 Koh選手、アメリカの名門ノートルダム大学のゴルフ部で活躍していますが、お母さんが日本の方で流暢な日本語を話しますし、身長も高く、これから人気上昇かと思います。 表彰式では中島選手が自身で用意した英語のスピーチをして、本人にも先輩の松山選手に勝ってる!と言っておきました。 優勝が決まった瞬間に、チームジャパンの全員がウオーターシャワーで迎え、(不謹慎にも、ゲータレードをかけたのもいましたが!!)ゴルフとは何か?感じた瞬間で、目頭が熱くなりました。 中島選手、おめでとう! 今年は日体大のオリンピック選手の活躍が注目されましたが、今回の勝利はどんな金メダルより輝いてますよ!!

続きを読む