藤の花

イギリスでウイステリアと呼ばれる藤の花が今頃がちょうど満開になる時期になります。 ウイステリアと言えば、オーガスタナショナルのクラブハウスのコースに面して位置している大きなオーク,樫の木に寄生している藤がちょうどオーガスタの時期に花を満開にする事でも有名です。 実は、この藤ですが、実際にアメリカには生息していなかったそうですが、1910年頃に今のオーガスタナショナルのある場所は果樹園で、そのオーナーが世界中から苗木を集め、販売していた時に植えられたんだそうです。 マスターズ期間中に綺麗な花を咲かせるアゼリアもオーナーのバークマン氏が取り寄せたんだそうですし、立派な樫の木も元々はなく、当時植樹された物です。 そんな中で、このウイステリアですが、アメリカで初めて生息が記録されたのもオーガスタナショナルだとも言われています。  この紫の花を見るたびに、いろんな偶然が重なって作られたオーガスタナショナルの事を思い出します。

続きを読む

1