TUMI

バッグなどはよく旅先で衝動買いしてしまい、自宅には結構タンスの肥やしとなっている場合が多いですが、少し使っていても最近は息子たちや親戚の連中が喜んで持ち帰って使ってくれますので、元は取れてるかと思います。 いろんなメーカーのバッグを購入して来ましたが、社会人になってから一番購入しているのはTUMIのバッグかと思います。 アメリカのメーカーですが、1975年創業なんだとか。 アメリカに行き始めた1980年ごろから日本でも人気で、よく頼まれて購入し持ち帰りました。  防弾チョッキにも使われているような特殊なナイロン素材で黒いバッグでしたが、ポケットの数や機能性が高く、今でも人気ですね。 今回アメリカ滞在中に購入したのが、簡単なリュック。 大きなサイズも考えたんですが、大きいと必要の無いモノまで入れてしまう無駄が増えるので、一番小さいタイプにしましたが、お決まりのキーホルダーや、ポケットの数も多く、どこに何を入れたのか分からなくなるのはTUMIならでは、、  そういえば、昔キャッシュをしまい込んでいて、数年後に発見したTUMI預金状態になった事もある程です。  TUMIのサービスでトレーサー機能が発売当初からありまして、番号を登録すれば、紛失しても見つかったら連絡が来るシステムです。   タグなどに名前や住所を記入する事もできますが、個人情報の保護だけでなく、住所を見て留守宅に入るような事件もあったようなので、このような番号での管理は良いアイデアで、これも人気のひとつかも知れません。

続きを読む

1